Suisoniaは、医療機関でも導入されている日本製・高性能の「水素吸引マシン」です。 Suisoniaは、医療機関でも導入されている日本製・高性能の「水素吸引マシン」です。

水素と酸素の混合ガスを発生させる安全な手法で水素を生成 水素と酸素の混合ガスを発生させる安全な手法で水素を生成

水を蒸気に変える「過熱蒸気分解法」で水素と酸素を混合ガスを生成
混合ガスには2.4vol%(大気中の水素の48,000倍)の水素を含有
濃度の濃い水素を直接吸引するため効果的な水素摂取が可能
スイソニア混合ガス比率
一般的に利用している水素の「電気分解法」は、着火・爆発のリスクがないとは言えません。そこでスイソニアは、安全性を重視して水素と酸素の混合ガス(純粋水素66.6%と純粋酸素33.3%)を発生させる「過熱蒸気分解法」を採用しました。これによって吸引口に火を近づけても着火・爆発する危険はありません。さらに、大気中には0.000005vol%しかない水素を、スイソニアは2.4vol%と48,000倍の濃度の水素を発生させることができ、安全な上、効果的に質の高い水素を摂取することができます。
スイソニア体験
※電気分解を使用しない「過熱蒸気分解法」を採用しているため安全に使用できます。さらに大気中の48,000倍という高性能の水素を生成することができます。
line

国内工場で研究・開発された「MADE IN JAPAN』製品です 国内工場で研究・開発された「MADE IN JAPAN』製品です

スイソニアは、大手電機メーカーの精密部品を製造している先進技術の国内工場で研究開発された安心の「MADE IN JAPAN」製品です。研究開発から製造・検査まで国内で一貫して行っており高いクオリティと信頼性を誇っています。
国内工場で研究・開発された「MADE IN JAPAN』製品です
line

一定濃度の水素を安定的・持続的に発生させます 一定濃度の水素を安定的・持続的に発生させます

国際特許出願中(※)の画期的な「過熱蒸気分解法」によって、スイソニアは濃度3,000ppm~10,000ppmの質の高い水素ガスを安定的・持続的に発生させることを可能としました。 この方法によって、常温のミネラルウォーターを、電磁誘導加熱用に作られた特殊合金のパイプを経由させ700℃前後まで加熱・水蒸気化させることで、安定した混合が図(水素66.6%、酸素33.3%)を発生することができます。
※国際特許出願番号 PCT/JP2013/076349、PCT/JP2014/060261
一定濃度の水素を安定的・持続的に発生させます

スイソニア吸引時の水素濃度の分析結果(九州環境管理委員による)

スイソニア吸引時の水素濃度の分析結果

完成時においては、10,000ppm以上の濃度が計測されますが、300時間を超えたあたりから安定した水素濃度の推移になります。300時間以上の使用でも水素は発生しますが、ヒーターカートリッジの劣化が見られてきますので、ヒーターカートリッジの交換を300時間で推奨しています。

高性能水素吸入マシンスイソニアの優位性 高性能度水素吸入マシンスイソニアの優位性

  1. 医療機関でも導入されている信頼性
  2. 水素の「質」にこだわった「過熱蒸気分解法」(※国際特許出願中)
  3. 純日本製(部品の1つ1つまで国内の精密部品工場で製造)
  4. 医療機関や大学との共同研究を実施
  5. デザイン性・コンパクト性
  6. アフターフォローも万全
  7. ランニングコストがほとんどかからない

    電気代:1日1時間の使用で15円程度
    部品交換:300時間の使用でヒーターカートリッジ(13,800円)の交換を推奨

SITE MAP
  • メディア掲載
  • スイソニアQA
  • 識者から
  • 加盟学会
Call: 03-6809-6237